小型(限定)普通自動二輪免許

2019年07月17日更新 / 2015年02月18日公開
Pocket

原付二種に乗るためには小型(限定)普通自動二輪免許、またそれよりも上位に位置するパイク免許が必要です。「原付」という名称が付いている割には、普通自動車免許では運転資格がありません。
2005年からAT(オートマ)車を運転するのみに限定したAT限定免許が登場し、免許の細分化が進みました。

排気量別の必要な免許条件2019年7月現在
排気量 50cc未満 50cc-125cc未満 125cc400cc未満 400cc-650cc未満 650cc-
呼称区分 原動機付自転車
(通称:原付)
小型自動二輪
(原付二種)
普通自動二輪 大型自動二輪
運転免許区分 MT 大型自動二輪
AT限定 大型自動二輪(AT限定)
MT 普通自動二輪
AT限定 普通自動二輪(AT限定)
MT 小型(限定)普通自動二輪
AT限定 小型(限定)普通自動二輪(AT限定)
AT区分なし 原付免許、または
普通自動車免許

50㏄未満の原付に乗る場合の免許は「原付免許」と言うのですが、125㏄未満の原付二種に乗る免許は「原付二種免許」とは言いません。。道路交通法上で原付二種(小型自動二輪)は普通自動二輪車に分類されるからです。

さてこのコンテンツでは小型(限定)普通自動二輪について記載していきますが、「将来大型二輪に乗りたい」であるとか、逆に「とりあえずAT車しか乗らないから、AT限定免許!」と言うように、必要な免許を選択していくことが賢明です。

自動車教習所で免許取得

小型(限定)普通自動二輪を取得するには、公安委員会指定の自動車教習所に通うのがオーソドックスな方法です。最近の教習所は、夜間や休日などにも開いているので、時間に縛られずに免許取得ができます。

普通自動車免許を持っている場合

AT車限定でも構わず、普通自動車免許を持ってる人の小型(限定)普通自動二輪取得方法。

免許取得の流れ

小型(限定)普通自動二輪免許以外の免許も通常はこの流れです。

  1. 自動車教習所へ入校
  2. 適性テスト
  3. 技能講習/学科講習
  4. 技能卒業検定
  5. 卒業証明書*1を持参し、管轄の運転免許試験場で適性検査*2を受検し、合格の後に即日免許発行。
脚注
  • *1:有効期限は1年
  • *2:視力検査など
小型(限定)普通自動二輪免許取得の教習時間(普通自動車免許を持っている場合)2010年6月現在(単位:授業時間)
教習時間 技能 学科
小型自動二輪免許 10 1
小型自動二輪免許(AT限定) 8 1

最短の教習時間は決まっていて、これ以上短くすることはできません。逆に段階別で技能を修了できない場合は、教習時間が延びてしまうことも。

何も免許を持っていない場合

運転免許証を持ってない方、また原付免許のみ持ってる人の、小型(限定)普通自動二輪免許取得方法

免許取得の流れ

小型(限定)普通自動二輪免許以外の免許も、通常はこの流れ。

  1. 自動車教習所へ入校
  2. 適性テスト
  3. 技能講習/学科講習
  4. 技能卒業検定
  5. 卒業証明書を持参し、管轄の運転免許試験場で適性検査と学科試験を受験し、合格の後即日免許発行。
小型(限定)普通自動二輪免許取得の教習時間(何も免許を持っていない場合)2015年6月現在(単位:授業時間)
教習時間 技能 学科
小型自動二輪免許 12 26
小型自動二輪免許(AT限定) 9 26

何も免許を持っていない場合、やはり学科に時間をとられてしまうのは仕方ない。

運転免許試験場で免許取得

バイク運転の叡智を知る人へ贈る「一発免許」と呼ばれている方法。バイクの操作方法から道路法規まで精通し、かつ運転技量に自信がある人へお勧めです。審査官=警察官なので完全性が求められる。

やはり免許試験合格のハードルは高いのですが、早期に合格できれば格安で免許取得が可能です。

何も免許を持っていない場合

免許取得の流れ

  1. 予約など必要なく、都合の良い日に運転免許試験場を訪れる
  2. 適正試験
  3. 学科試験(合格すれば、技能試験日を指定される)
  4. 後日、指定日に技能試験(合格)
  5. 公安委員会認定自動車教習所*3で、普通二輪車講習及び、応急救護処置講習*4
  6. 普通二輪車講習及び、応急救護処置講習修了証を持参し、運転免許試験場を訪れ、免許交付
脚注
  • *3:いわゆる、免許が取得できる一般の自動車教習所。
  • *4:医師・歯科医師・保健師・助産師・看護師・准看護師・救急救命士・消防署等の救急隊員・日本赤十字社救急法指導員・その他各都道府県公安委員会の認める人は免除。

通称一発免許と呼ばれますが、一日で免許が取得できるわけではありません。スムーズに行っても3回は運転免許試験場に行かなければいけないのです。

普通自動車免許を持っている場合

  1. 予約など必要なく、都合の良い日に運転免許試験場を訪れる
  2. 適正試験
  3. 学科試験(合格すれば、技能試験日を指定される)
  4. 合格であれば、即日免許交付

学科試験は普通自動車免許試験の時に受験しているので免除。応急救護処置講習も普通自動車免許取得時に受けているのでこれも免除です。

以上が原付二種に乗るための最大の山場、これを乗り越えれば楽しい原ニライフが待っていること間違いありません!

こちらのページも読まれています

Pocket

スポンサーリンク
原付二種に乗る