125ccミドルクラススクーター比較

2015年07月10日更新 / 2015年02月19日公開
Pocket

通勤にもお買い物にも、そしてちょっとしたツーリングにも似合う、125cc原付二種スクーターでも中間層に位置する、ミドルクラススクーターを比較。このクラスの利点である燃費や操作性がよく、また質感の高い一台はどれだ?

各社スクーター比較

各社、125ccのスクーターの主力商品対決。質感もそこそこに技術と特徴を盛り込んだ、Honda リード・EX、YAMAHA シグナスX、Suzuki アドレスV125S、KYMCO VJR125iを徹底比較。

インプレッション

Honda リード・EX

2010年2月に値下げされたのにも関わらず高い質感を実現し、静寂性や燃費性能に優れたリード・EX。タンク容量もクラス最大の6.5リットル。

YAMAHA シグナスX

大型のヘッドランプを引っ下げた精悍なフロントマスクに加え、ストローク量90mmのフロントサスペンションによる快適な乗り心地も実現。

Suzuki アドレスV125S

盗難抑止アラームを標準装備したアドレスV125の上級モデル。スリムなボディと、何より実用に沿った機能性で抜かりはない。

KYMCO VJR125i

シャープなデザインとエッジを効かせたフロント周辺の処理、それだけではなく、フロントポケットと大型荷掛フックなどの実用性の高さは、KYMCOの本気を感じさせる。

原付二種スクーターのスペック比較表
ホンダ LEAD EX
Honda リード・EX
ヤマハ Cygnus X
YAMAHA シグナスX
スズキ Address V125S
Suzuki アドレスV125S
キムコ VJR125i
KYMCO VJR125i
全長 1,835mm 1,855mm 1,780mm 1,770mm
全幅 675mm 685mm 635mm 645mm
全高 1,125mm 1,130mm 1,035mm 1,060mm
軸間距離 1,275mm 1,295mm 1,235mm 1,215mm
最低地上高 105mm 115mm 120mm —mm
シート高 740mm 785mm 745mm 800mm
車輌重量 114kg 122kg 101kg 100.0kg
カタログ燃費 50.0km/l 40.0km/l 52.0km/l
最高出力 6.6kW[9.0PS] /7,500rpm 7.8kW[11PS] /7,500rpm 7.3kW〔9.9PS〕/7,500rpm 7.2kW[9.8PS] /8,500rpm
最大トルク 9.3N.m[0.95kgf.m] /6,250rpm 9.1N.m[0.93kgf.m] /7,500rpm 10N.m〔1.0kg・m〕 /6,000rpm 9.2N.m /7,000rpm
燃料タンク容量 6.5リットル 7.1リットル 6.3リットル 5.5リットル
タイヤ(前) 90/90-12 44J 110/70-12 47L 90/90-10 50J 90/90-10
タイヤ(後) 100/90-10 56J 120/70-12 51L 100/90-10 56J 100/80-10
値段(消費税8%込) ¥257,040 ¥286,200 ¥268,920 ¥203,657
全長が短い順
全長が短ければ、駐車場などでの取り回しがし易い。
  1. KYMCO VJR125i – 1,770mm
  2. Suzuki アドレスV125S – 1,780mm
  3. Honda リード・EX – 1,835mm
  4. YAMAHA シグナスX – 1,855mm
全幅が狭い順
全幅が狭いとすり抜けがし易い。
  1. Suzuki アドレスV125S – 635mm
  2. KYMCO VJR125i – 645mm
  3. Honda リード・EX – 675mm
  4. YAMAHA シグナスX – 685mm
全高の低い順
全高が低いと、狭いスペースでの取り回しがし易い。
  1. Suzuki アドレスV125S – 1,035mm
  2. KYMCO VJR125i – 1,060mm
  3. Honda リード・EX – 1,125mm
  4. YAMAHA シグナスX – 1,130mm
軸間距離が短い順
軸間距離が短いと、取り回しやUターンが容易。
  1. KYMCO VJR125i – 1,215mm
  2. Suzuki アドレスV125S – 1,235mm
  3. Honda リード・EX – 1,275mm
  4. YAMAHA シグナスX – 1,295mm
最低地上高の低い順
最低地上高が低ければ同時にステップ位置も低いことが多く、乗り降りがしやすい。
  1. Honda リード・EX – 105mm
  2. YAMAHA シグナスX – 115mm
  3. Suzuki アドレスV125S – 120mm
シート高の低い順
シート高の低いと、足付き性が良い。
  1. Honda リード・EX – 740mm
  2. Suzuki アドレスV125S – 745mm
  3. YAMAHA シグナスX – 785mm
  4. KYMCO VJR125i – 800mm
車輌重量の軽い順
重量が軽ければ、取り回しがしやすい。
  1. KYMCO VJR125i – 100.0kg
  2. Suzuki アドレスV125S – 101kg
  3. Honda リード・EX – 114kg
  4. YAMAHA シグナスX – 122kg
燃費の良い順
燃費が良いほうが、財布にやさしいですね。
  1. Suzuki アドレスV125S – 52.0km/l
  2. Honda リード・EX – 50.0km/l
  3. YAMAHA シグナスX – 40.0km/l
最高出力の高い順
パワーが大きいほど、スピードも出やすい。
  1. YAMAHA シグナスX – 7.8kW〔11PS〕/7,500rpm
  2. Suzuki アドレスV125S – 7.3kW〔9.9PS〕/7,500rpm
  3. KYMCO VJR125i – 7.2kW[9.8PS] /8,500rpm
  4. Honda リード・EX – 6.6kW[9.0PS] /7,500rpm
最大トルクの大きい順
トルク値が大きいほど、駆動力が増す。
  1. Suzuki アドレスV125S -10N.m〔1.0kg・m〕 /6,000rpm
  2. Honda リード・EX – 9.3N.m[0.95kgf.m] /6,250rpm
  3. KYMCO VJR125i – 9.2N.m /7,000rpm
  4. YAMAHA シグナスX – 9.1N.m[0.93kgf.m] /7,500rpm
タンク容量が大きい順
燃費にもよるが、タンク容量が大きいほど給油の手間が省ける。
  1. YAMAHA シグナスX – 7.1リットル
  2. Honda リード・EX – 6.5リットル
  3. Suzuki アドレスV125S – 6.3リットル
  4. KYMCO VJR125i – 5.5リットル
値段が安い順
そりゃ、値段がお安いほうがいいって。
  1. KYMCO VJR125i ¥203,657
  2. Honda リード・EX – ¥257,040
  3. Suzuki アドレスV125S – ¥268,920
  4. YAMAHA シグナスX – ¥286,200

ウインカー周りのメッキや、全体塗装の高い質感を実現したホンダ リードEX。他と比較するとパワーがない感じがするが、落ち着きを払った運転には、ジャストの一台だ。シャッター付キーシリンダーの盗難防止処置も標準で付いており、カラーも5種類から選べる。余裕を持った紳士的なオーナーをターゲットとして捕らえた、そんな一台だ。

他よりもスポーティブに、快走感を求めるなら、ヤマハ シグナスXだ。全長や軸間距離は他よりもワイドで取り回しに注意が必要だが、パワーやトルクもそこそこに、燃料タンク容量も多く、ステップスペースもフラットで大きいので、ツーリング側の走りを求めるなら、このクラスではベストのチョイスだ。デザインの個性的で、重厚感・質感も上々。ただ、通勤・通学も含めると少々物足りない感がある。

このクラスでも総合的に優位にある、Suzuki アドレスV125S。やはりハード面での取り回し、そして燃費などは他を頭1つ上回っている感がある。小回りが効くだけに、見た目にどっしりした感じも欲しいと言う逆説もあるが、塗装などの質感も全く悪くない。

値段面で勝負を挑んでくるKYMCO VJR125iのように思われるが、ハンドルマウント型マルチリフレクターヘッドライトや視認性に優れたアナログタコメーターなど、充実の機動性や実用性を有している。また、買い物かごフックや小物パケットなど、国産デザインとも見劣りもなく、若干のスペック上のパワー不足さえ織り込めば、買いの一台だ。

Pocket

スポンサーリンク
原付二種比較