スポーツ系スクーター比較

2015年07月10日更新 / 2015年02月19日公開
Pocket

通勤通学など、日常の足としてはもちろん、もっと機敏にスタイリッシュに、スポーツマインドを注いだデザインのスポーツ系スクーターはストリートの主役だ。

各社スクーター比較

よりスタイリッシュに、そしてスポーツアイデンティティを注いだ、原付二種スポーツ系スクーターをピックアップ。YAMAHA シグナスX SR、Suzuki アドレスV125S、KYMCO RACING 125 Fi、SYM JET POWER 125のスペックを比較。

インプレッション

YAMAHA シグナスX SR

YAMAHA シグナスXと兄弟車種のヤマハ シグナスX SR。外装には専用のパーツを使っているが、スペック上はほぼ一緒。特記すべきは減速比の変更。1次減速比が2.923(シグナスX)から1.000に、2次減速比3.333から9.743となっているため、高加速に設計されているようだ。

Suzuki アドレスV125SS

Suzuki アドレスV125Sをベースに、カラードミラーやスポーティーなリヤスポイラーなどのスタイリングオプションを追加したモデル。基本性能が元々高いSuzukiのアドレスV125だが、スポーティなデザインを施したことによって、より軽快なイメージにさらに磨きをかけた。

KYMCO RACING 125 Fi

2009年に登場と言うことで、最も新しい発想のKYMCO RACING 125 Fi。メーター周りや全体デザイン、収納性やLEDテールランプ採用など機能的にも取りこぼしがなく、さらに最大の特徴はバンク角37°まで倒し込むことができる、今までのスクーターを超える機動性を有するモデルだ。

SYM JET POWER 125

夜に映えるLEDポジションライト・二つにセパレートされたスポーティーなヘッドライトを採用など、精妙なスポーツアイデンティティーをデザインに持つのがSYM JET POWER 125だ。2010年登場の新モデルだが、今後見る機会が増えてきそうだ。

スポーツ系スクーターのスペック比較表
ヤマハシグナスX SR
YAMAHA シグナスX SR
スズキ アドレスV125SS
Suzuki アドレスV125S
キムコ RACING 125 Fi
KYMCO RACING 125 Fi
シム JET POWER 125
SYM JET POWER 125
全長 1,855mm 1,780mm 1,920mm 1,740mm
全幅 685mm 635mm 700mm 700mm
全高 1,130mm 1,035mm 1,135mm 1,095mm
軸間距離 1,295mm 1,235mm 1,284mm 1,250mm
最低地上高 110mm 120mm 110mm 110mm
シート高 785mm 745mm 780mm 780mm
車輌重量 122kg 101kg 108kg 118kg
カタログ燃費 40.0km/l 52.0km/l —km/l 50.0km/l
最高出力 7.8kW[11PS] /8,500r/min 7.3kW[9.9PS]/7,500rpm 8.8kW/8,500rpm 7.93kW[10.8PS] /8,500rpm
最大トルク 9.1N.m[0.93kgf.m] /7,500r/min 10N.m[1.0kgf・m] /6,000rpm 10.4N.m /6,500rpm 9.8N.m /7,000rpm
燃料タンク容量 7.1リットル 6.3リットル 7.5リットル 6リットル
タイヤ(前) 110/70-12 47L 90/90-10 50J 110/70-10 100/90-10 56J
タイヤ(後) 120/70-12 51L 100/90-10 56J 130/70-12 100/90-10 56J
値段(消費税8%込) ¥291,600 ¥274,320 ¥287,280 ¥287,280
全長が短い順
全長が短ければ、駐車場などでの取り回しがし易い。
  1. SYM JET POWER 125 -1,740mm
  2. Suzuki アドレスV125SS – 1,780mm
  3. YAMAHA シグナスX SR – 1,855mm
  4. KYMCO RACING 125 Fi – 1,920mm
全幅が狭い順
全幅が狭いとすり抜けがし易い。
  1. Suzuki アドレスV125SS – 635mm
  2. YAMAHA シグナスX SR – 685mm
  3. KYMCO RACING 125 Fi – 700mm
  4. SYM JET POWER 125 – 700mm
全高の低い順
全高が低いと、狭いスペースでの取り回しがし易い。
  1. Suzuki アドレスV125SS – 1,035mm
  2. SYM JET POWER 125 – 1,095mm
  3. YAMAHA シグナスX SR – 1,130mm
  4. KYMCO RACING 125 Fi – 1,135mm
軸間距離が短い順
軸間距離が短いと、カーブでの小回りが利きやすい。
  1. Suzuki アドレスV125SS – 1,235mm
  2. SYM JET POWER 125 – 1,250mm
  3. KYMCO RACING 125 Fi – 1,284mm
  4. YAMAHA シグナスX SR – 1,295mm
最低地上高の高い順
最低地上高が高ければ、波状路での車底の接触リスク低下や、バンク角を大きくとりやすい。
  1. Suzuki アドレスV125SS – 120mm
  2. YAMAHA シグナスX SR – 110mm
  3. KYMCO RACING 125 Fi – 110mm
  4. SYM JET POWER 125 – 110mm
シート高の低い順
シート高が高ければ、前方確認などの視野が確保しやすい。
  1. YAMAHA シグナスX SR – 785mm
  2. KYMCO RACING 125 Fi – 780mm
  3. SYM JET POWER 125 – 780mm
  4. Suzuki アドレスV125SS – 745mm
車輌重量の軽い順
重量が軽ければ、取り扱いがしやすい。
  1. Suzuki アドレスV125SS – 101kg
  2. KYMCO RACING 125 Fi – 108kg
  3. SYM JET POWER 125 – 118kg
  4. YAMAHA シグナスX SR – 122kg
燃費の良い順
燃費が良いほうが、財布にやさしいですね。
  1. Suzuki アドレスV125SS – 52.0km/l
  2. SYM JET POWER 125 – 50.0km/l
  3. YAMAHA シグナスX SR – 40.0km/l
  4. KYMCO RACING 125 Fi – 不明 –
最高出力の高い順
パワーが大きいほど、スピードも出やすい。
  1. KYMCO RACING 125 Fi – 8.8kW/8,500rpm
  2. SYM JET POWER 125 – 7.93kW[10.8PS] /8,500rpm
  3. YAMAHA シグナスX SR – 7.8kW[11PS] /8,500r/min
  4. Suzuki アドレスV125SS – 7.3kW[9.9PS]/7,500rpm
最大トルクの大きい順
トルク値が大きいほど、駆動力が増す。
  1. KYMCO RACING 125 Fi – 10.4N.m /6,500rpm
  2. Suzuki アドレスV125SS – 10N.m[1.0kgf・m] /6,000rpm
  3. SYM JET POWER 125 – 9.8N.m /7,000rpm
  4. YAMAHA シグナスX SR – 9.1N.m[0.93kgf.m] /7,500r/min
タンク容量が大きい順
燃費にもよるが、タンク容量が大きいほど給油の手間が省ける。
  1. KYMCO RACING 125 Fi – 7.5リットル
  2. YAMAHA シグナスX SR – 7.1リットル
  3. Suzuki アドレスV125SS – 6.3リットル
  4. SYM JET POWER 125 – 6.0リットル
値段が安い順
そりゃ、値段がお安いほうがいいって。
  1. Suzuki アドレスV125SS – ¥274,320
  2. SYM JET POWER 125 – ¥287,280
  3. KYMCO RACING 125 Fi – ¥287,280
  4. YAMAHA シグナスX SR – ¥291,600

デザイン面でスポーツマインドを注ぎ込み、カスタムパーツも充実のYAMAHA シグナスX SR。全体バランスはうまくまとめられているが、相対的にパワーや重さなどがいまいち。また値段もこのクラスでは最も高い。車格はそこそこあるので、交通量のある国道などでどっしり乗る、みたいなスタイルがあっているのではないか。

やはり、スペック面で優位に立つSuzuki アドレスV125SS。燃費もよく価格も最も安いので、コストパフォーマンスは最も優れている。ただ、他のバイクと比べオリジナリティに薄く、出力などは多少見劣りするところ。しかしながら車格も小さくトルクが大きいので、細かい道や交差点での立ち上がりなどで本領を発揮するスクーターだ。

バイクでスポーツフィールを実現する機能を盛り込み具現化したのがKYMCO RACING 125 Fiだ。RACING 150 Fiと同車格なので、多少取り回しを犠牲にしている部分があるが、パワーやタンク容量などこのクラスのスクーターの頭一つ上をいっている。ワインディングのあるところでは、「らしい」ことができるのではなかろうか。

デザインで一歩先をゆくSYM JET POWER 125。スピード感のあるフロントデザインの処理やポジションライトだけでなく、放熱性に優れたウェーブディスクを採用するなど、スポーツするための装備を持っている。パワーもそこそこあり燃費も良いが、車重が重いの難点か。

Pocket

スポンサーリンク
原付二種比較