NMAX

2016年03月2日公開
Pocket

  • NMAX
  • NMAX
  • NMAX
  • NMAX

YAMAHAの“Global Prestige City Commuter”のコンセプトに基づきそれを具現化した「MAXシリーズ」。530ccのエンジンを搭載するスクーター「T-MAX」や欧州で販売されている250ccエンジンの「X-MAX」に続き、ついに125ccスクーターとして姿を現したのがこのNMAXだ。スポーツアイデンティティが包有されるスタイリングを獲得し、さらに走行性能と低燃費を高次元で実現している。

特徴

国内初のBlue Coreエンジン搭載

YAMAHAが考える「走りの楽しさと燃費・環境性能の両立」を基本理念として、1.高効率燃焼、2.高い冷却性、3.ロス低減の3点を徹底的に追求した次世代の高性能小型エンジンであるBlue Coreエンジンを日本国内で初めて搭載した。2014年8月にベトナムで発売した女性向けスクーター「Nozza Grande」を皮切りに、新興国および先進国に導入するさまざまなモデルに順じ組み込まれていくもので、NMAXはまさに日本での切り口を担っている。

NMAXの搭載するBlue Coreエンジンは、可変バルブ機構を備えさまざまな回転速度でも最も効率の良い吸排気を実現し、最適な出力特性を獲得している。また高い冷却性やフリクションロスの低減化によって燃費を向上させている。

優れた走行安全性能

NMAX専用に開発された13インチタイヤによって、このバイクの持ち味を最大限引き出している。またABSが標準装備されているため、状態の悪い路面でも安全な制動を期待できる。

レビュー

スペック的にHondaのPCXに近いこのNMAX。燃費(WMTCモード値)に関してはPCXの50.6km/Lに対してNMAXは45.2km/Lと劣るものの、パワーに関してはPCX:8.6kW(12PS)/8,500r/minに対してNMAX9.0kW(12PS)/7,500r/minと弱冠上回っている。低回転で最大馬力をぶつけてくることによって機敏な動きを実現しており、街中で乗る125㏄としても作りこまれているように感じる。またこのクラスでは珍しくABSを標準装備していることで、より走りに関して安全性をあたえているのも評価できる。

スペック一覧

スペック
1,955mm(全長) x 740mm(全幅) x 1,115mm(全高)
シート高
765mm
軸間距離
1,350mm
車輌重量(乾燥重量)
127kg
燃料タンク容量
6.6リットル
エンジン
水冷単気筒4ストロークSOHC4バルブ
燃料供給
フューエルインジェクション
排気量
124cc
最大出力
9.0kW(12PS)/7,500r/min
最大トルク
12N・m(1.2kgf・m)/7,250r/min
タイヤ
前:110/70-13M/C 48P(チューブレス)
後:130/70-13M/C 57P(チューブレス)
ブレーキ
前:油圧式シングルディスク
後:油圧式シングルディスク
燃費
50.5km/L(60km/h) 2名乗車時・45.2km/L(WMTCモード)
メーカー希望小売価格
¥340,200(消費税8%込)
製造国
インドネシア

関連サイト・参照

こちらのページも読まれています

Pocket

スポンサーリンク
YAMAHA(ヤマハ)
バイクの種類